Monthly Archives: 4月 2016

INFP型向けコミュニティの基本コンセプト

様々なコミュニティ、掲示板、Q&Aサイトなどを見ながら基本コンセプトを練っていました。練り出したら発想がどんどん拡散して行って収集つかないので^^; ここらでまとめておこうと思います。

 

どんなwebサイト?

⇒INFPが集い、語り合い、共感し合えるコミュニティ

誰かに悩みを相談してみても、一般的な人向けの答えしか得られなくて、満足できなかった経験てありませんか?

「普通はそうなんだろうなー。。」とか「それはその通りなんだけど。。」とか感じて、段々と相談しなくなったり^^; 余計に孤独を感じたり。。

INFP型だからこそわかる感覚、INFP型にしかわからない気持ち。

同じタイプ同士だからこそ、辛さや生きにくさまでも、きっと自分事のようにわかってもらえるだろし、少しでも理解してもらえ、共感してもらえることで、ちょっと心が楽になるのではないかと思います。

 

サイト名は?

⇒ INFPごころ

にしようかと思っています。実はいろいろ考えました。

少しだけ案をご紹介しますと、

  • INFP共感物語(なんかシャンプーみたい)
  • INFPの世界(マツコさんのTVのような)
  • オーライ!INFP(自己否定しているINFPにOKサイン^^)
  • わかるよ!INFP(主語が誰だか・・)
  • INFP生活(体に優しいもの通販みたい)
  • INFP目線(ちょっと怖いかも)
  • 理想探求隊(もはやINFPじゃない・・)
  • となりのINFP(となりの、といえば)
  • ともにINFP(共に語って 友を見つけて 共に解決!)
  • INFPごこち(ごこちっていう響きが気に入って)

いや本当にいたってまじめにアイデア出ししましたが^^; どれも決め手にかけてしっくりこず。INFPと言う言葉自体が長いし、言いにくいしねー。

でも、皆様の書き込みがどんどん蓄積されたサイトをイメージしたら、それはつまりは「INFPのこころ」を表してるのでは、ということでこれにしようかと悩み中です。

こんなのは?というアイデアがあれば、ぜひ気楽にコメントくださいませ。

 

サイトのイメージカラーは?

⇒ みどり系 or 青系

これもまだ悩み中です。「色 イメージ」なんかでネット検索したら、色の持つイメージや心理に与える影響なんかのサイトがたくさん出てきます。でもサイトによって微妙に違いがあります。またどんな色でも良いイメージ、悪いイメージがあるそうです。

燃え盛る「赤」、重厚な「黒」、カジュアル「黄」・・・これらは無いかなー。

柔らかい優しい「ピンク」、神秘の「紫」・・・ユーザーが限定されてしまいそう。

癒しの「緑」、落ち着きの「青」・・・このどっちかかなー。

という発想で「緑」か「青」かなー。緑も青も、その中でも濃淡や明度なんかでたくさんありますね。

この色いいんじゃない?というアイデアがあれば、ぜひぜひコメントください。

 

未来の展望は?

⇒ 下記参照ください

これはもはや妄想の域かもしれませんが、サイトに留まらず、こうなっていけば本望という私の想いです。

INFP型の人がこのコミュニティでちょっと楽になる、癒される、明日に向かえる

 ↓

コミュニティが活性化し、「INFPの生きていく知恵」が蓄積されていく

(必ず生まれてくる未来、次世代のINFPが、それを見てちょっと楽になる)

 ↓

もっとINFP型の人がたくさん集まる、現実社会でも交流できる

 ↓

INFP型のための協会、団体をつくる

 ↓

世の中にINFP型の存在が認識される、社会でのINFP型の役割や価値が認知される

 ↓

INFP型を必要とする他タイプの人が増える、INFPの仕事が増える

 ↓

未来のINFPの生きにくさが減る、どのタイプも尊重しあえる社会になる

こんなイメージで拓けていけばうれしいです。

 

なぜこれをやるか?

年齢的に人生の折り返し地点を過ぎ、自分の残りの人生をどう生きていくかをずっと考えていました。

これらのINFP型への取り組みに命を使うことが出来たならば、私自身が自分の存在価値をきっと実感できる、あー良い人生やったなと笑いながら死ねる、のではないかという思いから、よしこれをしよう、と思い立ちました。

決して私の自己犠牲の精神からではありません。あくまで私の自己満足からの想いであります。

まったくの私の勝手からなのですが、もしこれらが実現すれば、いやその取り組む過程だけでも、自分にとってはこんな幸せなことは他にないんじゃないか、と思ったのです。

それと、仕事が嫌になった、というのもあります^^;

いやーこれまでの20年を振り返ると、全力で走り続けるように仕事してきたなー、と感じます。仕事するのが好きでした。もちろん自分のことをINFP型とは最近まで知らずに。。

仕事が嫌になったというか、物やサービスなどの何かをつくって、対価としてお金をもらうという、一連の経済活動が嫌になった、といったほうが近いかもしれません。

いつの日か、今の仕事もたたんで、これだけに命を燃やせる、命を使える日が来ればいいなと思っています。

 

とっても長ーーい文章をここまでお読みいただき、本当にありがとうございます。眼が疲れませんでしたか^^;

一言メッセージ、サイト名、サイトカラ―のご意見、他なんでもOKなので、コメント欄に何か書き込んでいただければ、うれしいです。必ず返信コメントさせていただきます。

2chのINFP型スレッドだけでは物足りない

INFP型が集っている場所に感動

私がはじめて2chのINFP型雑談スレッドを知ったのは、まだレスが10件あるかないかくらいの頃でした。

「直観的な能力を通じての情報集めにふけっていると、風呂場でシャンプー使って6秒くらい胸とか脇洗ってるから気を付けないと」

という、どなたかの書き込みを見て、噴出して笑ったのを覚えています^^ 2014年末あたりですね。

以降は全く見てなかったのですが、半年後に久しぶりに訪れてみると、100件以上に伸びているではありませんか。

 

「あーわかるわーそれー。。」「そう、そーそーそれ!」という共感と納得で興奮しまくり。

これまで生身のINFP型の人の体験談や想い、考えなどを全く見聞きしたことがなく、本当に心に響き感動し、泣きそうになりました。MBTIの書籍やネット情報では決して得られないまさにリアルなINFPの世界!

元々2chはあまり好きではなく、たまにチラッと見る事はあっても、書き込んだ事は無かったのですが、うれしくてはじめて書き込みをしました。そしてそんなことをやっていると、落ち込んでいた気持ちも、いつしかどっかに行っていました。

 

だんだん物足りなさを感じてきた

以来、ちょくちょく2chをのぞいていますが、INFPスレッドが活況になればなるほど、次第に物足りなさを感じてきました。

話題を追いにくい、堀下げトークしにくい

書き込みが増えてくると、どの人がどの人に書いたのかを毎回たどるのですが、これが中々大変。

そして複数の話題が同時進行で混み入ってくると、だんだんややこしくなってきて、いつのまにかスレッドの流れ的に別の話題になっていたということもちょくちょく。

「あー、もっと○○のことをみんなに聞いてみたかったなー」と思うこともありました。

2chのINFPスレッドは、「INFP型に関する雑談」がテーマなので致し方ないのですが、例えば「INFP型の人の結婚相手はどんな人?」や「INFP型の人の就活体験談を教えて」みたいな1つのテーマについて、とことんまで掘り下げて本質にせまるようなトークがINFP型の人同士で出来れば面白いだろうな、と思います。やっぱ1テーマ1スレッドが良いですね。

 

どんな属性・背景の人かがわかりにくい

「○○で困ってますが、どうしたらいいでしょうか?」みたいな書き込みに対して、その人の性格タイプだけではなく、おかれた環境や背景、年齢、性別、あるいは住んでいる地域によって、ベターな返答が変わってきたりすることがあるんではないかと思うのです。

つまりはどんなことを聞きたいのだろうかと、直観機能(N)を使って考えてみたりもしますが、文章や表現方法の文字からの推測だけでは限界があります。

もう少しでもどんな人なのかの背景を知った上で書き込みたい。匿名掲示板なので、全て知ってからとは言いませんが、もう少しでもその人の情報がわかったほうが、ちゃんとしたレスが出来そうな気がします。

私自身が、相手を出来るだけ正確に理解したいし、自分も相手にそうして欲しいという想いが強いのかもしれません。

だから今から作るINFPのSNSでは、プロフィール機能を充実させていきたいです。

 

自分が書き込んだ後のスレッドが気になる

自分が2chに書き込んだ後のスレッドがすごく気になります^^;

「さっきこんな風に書き込んでみたけど、どう受け止められてるかな。。」とか、「誰か返事書いてくれてるかも。。」とか、「スルーされてたら悲しいな。。」などなど。

気にしないでおこうと思っても、気になってしまうのが悲しい性です。

やっぱ他のSNSみたいに、自分の書き込みに返信があったら、通知で知らせてくれるような機能があったら、安心出来そうです。

 

いつの日かリアルでもお会いしたい

2chのスレッド内でのやり取りを経て、もしすごく仲良くなっても、「じゃあ1回飲みに行きましょー」と実際にお会いするのは難しそうです。個人情報を書けないので。

実社会でも、外からみてINFP型は見分けにくいようなので、中々お友達になる可能性は低い。

今から作るINFPのSNSでは、仲良くなった人にダイレクトにメッセージを送れるような機能や、リアルのイベント(オフ会?)を気楽に立ち上げて、実社会でお会いできるような仕組みもあったらいいなー。

INFP同士、最初すぐに仲良くなれないかもしれませんが、長〜い時間をかければきっとわかりあえると思っています。

そしていずれはINFP型向けの団体をつくって、未来に産まれてくるINFP型の子供たちに、何か少しでも役立つようなことが出来ればいいなと、妄想はどんどん頭の中で広がっています^^;

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

一言メッセージ、他なんでもOKなので、コメント欄に何か書き込んでいただければうれしいです。

最低3回は読み返し、必ず返信致します^^